header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

新着記事

2018年01月05日

2018-1-5


第1回太陽光入札、5件の落札を取り消し、保証金没収を嫌う?
低炭素投資促進機構は12月26日、固定価格買取制度(FITの改正に伴い、今年度からスタートした入札制度の第1回落札結果について更新し、落札した141.366MWのうち、5件・100.506MW分について、「期限までに第2次保証金の納付がなく、落札者の決定を取り消した」と公表した。 第1回の入札では、募集容量枠 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
原発比率7ポイント低下でGDP2.7兆円減 30年度の電源構成、電中研試算 (1/2ページ)
政府の原発比率を実現すれば全国の発電費用は約9兆4000億円だが、再生エネで補うと「固定価格買い取り制度(FIT)」の費用拡大で1兆5000億円増加する。LNGでも燃料の輸入費が膨らみ5000億円増える。 電気料金が上昇することで、家計の実質所得は1世帯当たり最大2万2000円減少する見込み。家計悪化による ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
電気代が高い理由は「再エネ賦課金」かも、意味を知っている人は17%
再エネ賦課金とは「FIT(固定価格買取制度)」にもとづいて設定されている。FITとは、太陽光や風力、地熱といった再生可能エネルギーの導入拡大を図ることを目的に国が定めた仕組みだ。この制度により電力会社は、再生可能エネルギーで発電された電気を、割高な価格で一定期間買い取ることが義務づけられている。
posted by Mark at 12:20| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

大型太陽光発電、規制へ 静岡・伊東市が条例素案 日本経済新聞 静岡県伊東市は大規模太陽光発電の設置を規制する条例素案をまとめ


市や住民が景観や自然保護から反対を申し入れている。規制条例の制定で、今後の開発に歯止めをかける狙いだ。
posted by Mark at 07:24| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

バイオマス原料の安定供給

目下のところ、多数のバイオマス発電所の原料を海外に頼っている
状況ですが、原料の安定供給、固定価格での納入が難しくなっています。

それを解消する方法としては、
1)プランテーションに投資し、必要な原料を確保する。
2)国際商品に影響されない形で、原料を確保する。

グローバル・シーではこの難問に対応すべく下記の方策を実施しています。

グローバル・シーは、提携しているインドネシア・スマトラ島の
プランテーションから2020年1月より20年に渡りウッドペレットを
固定価格($160/MT)でご提供いたします。

数量は月2万トンで、アカシア科のケマルパヤンを植林します。
FSC認証も可能です。

全量契約されなくても、購入される数量の10−30%位を
この契約でリスクヘッジして頂ければ、将来的に価格が上昇
しても対応可能です。

詳しくは、グローバル・シーにお問い合わせください。
info@global-c.biz
posted by Mark at 16:32| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする