header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

新着記事

2008年01月22日

「内外情勢の回顧と展望 ―不透明化する国際情勢と国内公安動向―」(平成20年1月)

http://www.moj.go.jp/KOUAN/NAIGAI/NAIGAI20/naigai20-00.html

第1  平成19年の公安情勢の概況

第2  平成19年の国際情勢
 1   北朝鮮・朝鮮総聯
  (1)  進展と不透明さが併存する北朝鮮核問題
  (2)  「経済重視」を打ち出しつつ,国内統制強化に腐心する北朝鮮
  (3)  強硬姿勢を維持しつつ,我が国の対北朝鮮政策の転換を企図
  (4)  核実験後の相互不信を抱えつつ,修復へ向かう中朝関係
  (5)  韓国の対北宥和政策定着を狙う北朝鮮
  (6)  難局の中,組織力回復に腐心する朝鮮総聯
 2  中国
  (1)  第二期胡錦濤政権が発足,政権基盤の強化に尽力
  (2)  全方位の協調外交を積極的に展開,国際社会での地位向上を企図
  (3)  我が国との「戦略的互恵関係」構築を目指しつつ,懸案事項では,自国の立場を強く主張
  (4)  台湾総統選挙と北京オリンピックを控え,不安定要因を抱える中台関係
 3 ロシア
  (1)  プーチン後継体制に移行するロシア
  (2)  北方四島などの発展プログラムに着手したロシア
 4   中東
  (1)  混迷の続く中東情勢
  (2)  イランの核開発と国際社会の圧力
 5   我が国に対する有害活動など
 軍事転用可能な先端技術などの国外流出が懸念
 6   国際テロ
  (1)  イスラム過激派などによるテロの脅威が拡大
  (2)  イラク反米武装勢力のテロ脅威とその拡散
  (3)  アジア各地でテロが続発。一部では攻撃手法多様化の傾向

第3  平成19年の国内情勢
 1   オウム真理教
  (1)  教団運営をめぐる対立からオウム真理教が分裂
  (2)  組織の結束強化を図り,麻原への絶対的帰依の徹底を進める主流派
  (3)  “脱麻原”をアピールし,勢力拡大を企図する上祐派
 2   共産党・過激派等
  (1)  在日米軍の再編計画や自衛隊の海外派遣に反対する取組を展開
  (2)  憲法改正及び教育改革問題に加え,「年金」,「格差」問題で政府批判を展開
  (3)  組織建設活動の活性化を図る過激派
  (4)  党の存在感のアピールに努める共産党
  (5)  日本赤軍・「よど号」グループの動向
  (6)  北海道洞爺湖サミットを見据え,各国団体と積極的に交流する反グローバル化勢力
 3   右翼団体
 北朝鮮,中国との諸問題を重点に活動した右翼団体

第4  特集
        北海道洞爺湖サミットの開催に向けて
  (1)  国際テロ,反グローバル化勢力などによる不法事案発生が懸念
  (2)  サミットの開催に向けて取組を強化する公安調査庁

第5  平成19年における公安調査庁の取組と今後の課題


→  過去の内外情勢はこちら
posted by Mark at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする